人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産

MENU
人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産

わたしの人生で出産が、最大の冠婚葬祭イベントです

わたしは今、35歳です。
昨年、初めての出産を経験しました。
今まで、様々な冠婚葬祭イベントを経験、体験してきましたが、出産が最大のイベントだと感じました。
また、出産を経験する事で冠婚葬祭に興味を持つようになりました。

出産は、35年間生きてきて初めて経験する事。大人になると、大抵の事を経験済みもしくは、想像する事が出来ると思います。

しかし、出産は未知の世界でした。
妊娠が分かってから約10ヶ月間、不安と楽しみとの葛藤が続きました。
いくら検診で順調と言われても、目に見えない赤ちゃんに疑問が浮かんでしまいました。
特に、胎動を感じるまでは不安の日々を送りました。
検診でもらったエコー写真はわたしの宝物で、妊娠中は御守りにしていました。
赤ちゃんを迎える為、育児書を読み始めましたが、知識だけが先走ると余計に不安が出てきたので、途中でやめました。
母親の不安な気持は、きっとお腹の中の赤ちゃんに伝わります。
それからは、楽しい事を考えるように意識しました。
すると、自然に気持が明るくなり、不安よりも楽しみが増えてきました。
わたしは、あまり冠婚葬祭に興味がなかったのですが、赤ちゃんが産まれたら、沢山の冠婚葬祭イベントをしてあげたいと思うようになりました。
特に、赤ちゃんの成長を祝うイベントは歴史があり意味の深いものが多いです。
10ヶ月を過ごし、いざ出産。出産は、怖いイメージがありましたが、考え方を変えました。
わたしより、わたしの痛みより、赤ちゃんが頑張っている。赤ちゃんは、初めての世界に出ようと頑張っていると思いながら、出産しました。
すると不思議な事に、痛みよりも赤ちゃんに会える喜びの方が大きく、痛みを感じる事を辛いと感じませんでした。
主人も立会いをしてくれました。
それもとても心強く、これから家族が増える喜びを噛み締めながら、出産出来ました。
わたしにとって、初めての出産はとても素敵なものになりました。
赤ちゃんの可愛さは言葉では表せない程です。
人生の中で、出産を経験出来る事は素晴らしい事だと思います。


Copyright(c) 2016 人生最大の冠婚葬祭イベント 私の出産 All Rights Reserved.